京都名店会〜京の匠の味と技〜京都物産出品協会

食品 > 酒

英勲 齊藤酒造

社名 齊藤酒造(株)
代表者 齊藤 透
住所 京都市伏見区横大路三栖山城屋敷町105
TEL. 075-611-2124
FAX. 075-602-8331
取扱商品 清酒・リキュール
代表商品 古都千年、一吟、井筒屋伊兵衛
Website http://www.eikun.com/
Mail info@eikun.com
QRコード このお店の商品はこちらで購入できます。

  モバイルサイトへ GO !!

携帯のカメラで左のQRコードを
読み取りアクセスして下さい。

「英勲の由来と歴史」

齊藤家が酒造りを始めたのは明治28年(1895年)のことです。
それ以前は元禄の頃より酒とは何の関係もない呉服商を営んでおりました。
さて、伏見は昭和以後は京都市の一部ですが、それ以前は京(洛中)の南に位置する衛星都市で京とは別の町でした。
江戸時代は京と大阪の中継点として伏見は内陸地なのですが淀川の川の港町として繁栄していました。
その京と伏見を結ぶ街道筋で呉服商を営んでいた訳です。
しかし明治になり鉄道が出現し、京都と大阪の間の交通手段は一変しました。
この交通手段の変化は旧街道の衰退を意味していました。
九代目 齊藤宗太郎は初代から続いた呉服商に見切りをつけ、明治28年(1895年)個人商店として造り酒屋始めることになったのです。
当時の商標は「大鷹」「柳正宗」でした。
明治天皇のご崩御で大正天皇が即位されました。
三年間は前の天皇陛下の服喪期間で大正天皇のご即位のお祝いのご大典は大正4年(1915年)に執り行われました。
この折を記念して「英勲」と商標を改めました。
日露戦争以後欧米諸国で最も大切で、またあこがれの国は日英同盟を結んでいた英国でした。
その「英(ひいでる)」と勲章の「勲(くん)」で名付けたものです。
以来「英勲」の商標を今日まで使い続けております。

googleで検索


京都観光ナビ

花灯路

京都商工会議所

京都市観光協会