京都名店会〜京の匠の味と技〜京都物産出品協会

食品 > 菓子 > 京菓子

五建外良屋

社名 (株)五建外良屋
代表者 谷川 博造
住所 京都市東山区五条橋東二丁目18-1
TEL. 075-541-7371
FAX. 075-561-6103
取扱商品 京菓子
代表商品 生ういろ・赤飯まんじゅう
Website http://www.gokenuiro.jp/
Mail info@gokenuiro.jp
QRコード このお店の商品はこちらで購入できます。

  モバイルサイトへ GO !!

携帯のカメラで左のQRコードを
読み取りアクセスして下さい。

京名物 五建ういろ

「ういろ」は、元来、中国から伝来したものである。
外良(ういろ)の語源は、十四世紀の中葉、中国の元朝の亡臣で礼部員外食、陳宗敬氏が山東半島から博多に渡来し、三年後、息子の大年(だいねん)が足利義満の招きで京都に移住。一族が住んだ西洞院四条上ル辺りは「外良町」と呼ばれた。父の官職名である外良(ういろ)の名を冠した清涼剤又、不老長生の妙薬として発売されたのである。
菓子としての外良(ういろ)は、初めもち粉と黒砂糖を蒸して作られ、その形が薬の外良に似ている所から外良餅と呼ばれた。後に白砂糖が使われ製法にも一層の工夫を凝らしたのが今日の「ういろ」で、ほどよく、あっさりとした甘味で評判よく、京名物の一つに数えられている。
「五建ういろ」は安政年間、五条の建仁寺に六波羅蜜寺や清水寺、鳥辺野詣の客のため、竹藪を開いて茶店を構えたのがそもそもの始まりで、以来、四代目に当るが、初代より引続き、外良(ういろ)専門の店として製法の味覚に懸命の努力を致して居ります。
何卒ご愛顧の程お願い申し上げます。

googleで検索


京都観光ナビ

花灯路

京都商工会議所

京都市観光協会